蚊の発生について | フィラリアから犬を守る!パノラミスを買うなら個人輸入!

フィラリアから犬を守る!パノラミスを買うなら個人輸入!

蚊の発生について

「蚊の発生について」のピクチャです。

愛犬にフィラリアを感染させる蚊。そんな蚊は私たち人間にとって天敵だとも言われている害虫です。年間70万人以上の人が蚊に刺され何らかの感染症にかかり命を失っています。もっとも人を殺している害虫でもあるのです。
蚊の一刺しは痛みを感じません。このときかゆみを引き起こす唾液を先に注入します。それによって気付くことになるのですが、唾液には血が固まるのを防ぐ役目があります。血を吸いやすくしているのですね。
刺された時点で感染原は体内へ入るので、刺されてから蚊をつぶしても遅く、唯一の守り方といえば「刺されない事」なのです。

蚊は22度~31度くらいが適温だといわれています。吸血が最も盛んなのが26度~31度くらい。日本で言うと丁度4月~11月がその時期にあたります。冬になると活動はしないので安心だと言われていましたが、現代において屋内ですとエアコンなどにより温度が蚊にとっても活動しやすい環境になっています。そのため、冬であっても蚊が活動し刺されるということはよくあることなのです。

蚊の撃退方法として蚊を取る線香やマットなどがありますが、ハーブが効果的だというデータもあります。ハーブゼラニウムというハーブが特に蚊にとっては苦手なものだと言われています。庭に植えておけば蚊に悩まされることも少なくなるかもしれません。ハーブなので癒し効果もありますし一石二鳥です。ガーデニングがてら扱ってみるのも良いかもしれませんよ。